「壬」と「癸」の性格を占う

「壬」(みずのえ)の性格と特徴は?

mizunoe

長所:おおらか、義理固い、人望
短所:自己完結、手が付けられない、利己的

壬(水+)は海を表しています。海のようにおおらかで器が大きく、普段は穏やかでおとなしく優しい特徴があります。慌てたり、焦ることなく、どっしりと構えていますが、決しておおざっぱというわけではなく、人の心を読み取る聡明さと知恵を兼ね揃えています。義理人情に厚く、他者との絆を大切にするため、人望のが集まります。

常に自分が一番偉いと思っている節があり、一番でないことにコンプレックスを持っています。また、プライドが高く、人の話をあまり聞かないため、周囲からの影響をあまり受けません。しかし経営者やに多く、大成功する確率は高いです。それゆえ、また人望や人徳が備わってくるのです。ただし、壬の人には協力者が集まってくるからであり、人を育てることは苦手なようです。

ひとたびスイッチが入ると感情的になり、怒らせると危険なタイプで、敵に回すと厄介です。自己完結しやすく、何事も一人で解決できるのですが、協力者が自然と集まってくることが多く、社会的に成功を収めやすいでしょう。

スポンサードリンク

「癸」(みずのと)の性格と特徴は?

mizunoto

長所:対応力、人懐っこい、努力家、現実主義、
短所:主体性がない

癸(水‐)は雨を表しています。大地を潤すように人を癒し、元気づけることできます。人を生かすことが生きがいで、地味な人が多いですが、形のないものを形作ることに長けています。物質として形を変化させるように、対応力がありますが、一方で流されやすい一面もあります。

基本的には、諸行無常な考え方で形あるものはすべて壊れるというようにこだわりや野心をもたず、現実的な話を好みますが、コツコツと努力して自分自身を高めることが出来ます。

人懐っこく周りの環境に合わせて動くため、主体性には欠けます。若いころには好き嫌いがはっきりしていて、人と対立しやすいため苦労が尽きないですが、その経験から学び、自分自身の徳を高めることが出来るので、幸せな人生を歩めるでしょう。

スポンサードリンク

「壬」「癸」と相性がいいのは ?

十干だけで判断する場合、甲(きのえ)、乙(きのと)庚(かのえ)、辛(かのと)の方と相性がいいと言えます。