「印綬」(いんじゅ)の性格と特徴は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

<一言で言うと>……学問、技術、古典、伝統、母性
<長所>……(礼節、理性、慈愛、穏やか、観察力)
<短所>……(ゆっくり、批判力、理論武装、上下関係の厳しさ、贔屓)

【印綬の性格】

印綬の性格は、他人と身内の区別の意識が非常に強い人です。育った環境が、そのまま性格に影響されやすいタイプです。特に習得本能が強く、学習に向いている環境で満足感を得ます。但し質より量に偏り、経験よりも本や人からの話もよく確認をしないで、ただ詰め込むよう傾向がみられます。

そのため、高学歴の割には応用なとが効かずに宝の持ち腐れになりやすくなります。また、よく確かめないため鵜呑みにしてしまい騙されやすいため、注意が必要です。社会性が弱く、一般社会に出る事よりも、歴史と伝統を重んじる世界に向いています。

スポンサードリンク

【年柱・月柱・日柱・時柱ごとの性格】

年柱にある場合は、頭のいい人で学問を極め、大学院や研究機関で活躍する純粋に学問を愛する人です。その反面、煽てに弱くリップサービスでも本気にします。しかしながら、策略や策謀の知恵もあり、賢く立ち回り、優位にする事ができます。

月柱にある場合は、研究熱心な勉強家タイプです。学歴や肩書を重んじ厳しくても、闘争心が強く、難関を乗り越えます。母性本能が強く溺愛する教育パパやママになる傾向がみられます。

日柱にある場合は、日常生活の知恵を持ちながら形式を重んじるため、堅苦しい傾向がみられます。そのため、家庭内からは浮きやすく、職場での時間を優先させます。また、新しいものは苦手で年季が入っても大事に使い続けます。

時柱にある場合は、無くなりそうな伝統を引き継ぎ、次世代に繋ぐ事ができます。情報収集能力に優れていますが、自分で活用するよりも、求められて提供する側となります。しかしながら、一度得た情報を更新する事は苦手です。

スポンサードリンク

【十二運星との組み合わせ】

と組み合わさる場合、文化の継承者として養子として迎えられる傾向があります。そのため重く責任を伴う役回りでも、自然と新しい環境に馴染むことができます。また、伝統を守りながら新しいスタイルを発展させます。

と組み合わさる場合、伝統を守るために養子に出やすくなります。そのため伝統を介して人との繋がりを構築する傾向がみられます。また、非常に純粋な心を持ち伝統の世界を大切にし、その発展に尽くします。

長生と組み合わさる場合、反発反抗精神が幼い時に出る事がありますが、社会との違和感を感じ、再び伝統の継承という本来の使命を果たそうとします。そのため一見、遠回りとなりますが、後にその経験が役に立つ傾向がみられます。

沐浴と組み合わさる場合、身内への愛情が強くなります。そのため惚れっぽく感情も豊かで母性本能も強く、愛を全力で注ぎます。しかしながら、お相手に重く感じられてしまうような偏りがみられます。

建禄と組み合わさる場合、実績を活かしながら、伝統の更なる発展に貢献する事ができます。また知識も豊富で行動力もあり成果をあげます。そのため、意識が無くても妬まれやすいため注意が必要です。

冠帯と組み合わさる場合、伝統の世界をよく学び、行儀の良さなど行動に反映されます。そのため肩書や儀式などを重んじる傾向がみられます。しかしながら、豊富な情報と知恵を集めているため重宝されます。

帝旺と組み合わさる場合、その伝統の代表として大胆な行動を起こそうとします。そのため伝統を守ろうとして逆に先輩の意向を忘れてしまう強引さがあります。しかしながら、伝統の外に出ても納得する事はなく、元の道を進んでいきます。

と組み合わさる場合、現役を引退しても、頑固なため、その世界に関わり続けようとします。しかし、不愛想で、とても意地っ張りなため、自ら孤立しやすい傾向です。一人でも楽しめるものを持つと運気も安定しやすくなります。

と組み合わさる場合、跡継ぎに恵まれにくい傾向です。また、血縁関係を大切にしていても頼りにならないため、血縁に拘らず早めに信頼できる人に託すとその負担を減らす事ができます。また特に借金の肩代りなど、金銭関係に注意が必要です。

と組み合わさる場合、時間の意識がズレやすい傾向です。そのため、学ぶ気持ちがあり、多くの知識を吸収できても活用しにくくなります。また血縁関係のご縁は薄くなりますが、同じ世界の配偶者を選び、夫婦関係は逆に強くなります。

と組み合わさる場合、伝統を形にしようとするような交流が活発になります。また、歴史や伝統のあるものに興味を持ち、コレクションをする事が好きです。手入れも行き届き、そのため博物館関係の分野に向いています。蓄財も上手です。

と組み合わさる場合、興味が出ている時は深くなり、極めますが、飽きるまでも早い傾向です。一つの事を続けるのは苦手なため、やりかけのモノが溜まりやすくなります。しかしながら、一度飽きたモノに戻る事はないため、早めに整理すると効率が良くなります。

スポンサードリンク

【印綬の芸能人】

瑛太 1982年12月13日生まれ
秋元康 1956年5月2日生まれ
高山知浩 1968年7月10日生まれ
チバユウスケ 1968年7月10日生まれ
羽根田陽一 1968年8月27日生まれ
森高千里 1969年4月11日生まれ
篠原涼子 1973年8月13日生まれ
剛力彩芽 1992年 8月27日生まれ
酒井法子 1971年 2月14日生まれ
大川敦子 1968年12月20日生まれ

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. しちゅう より:

    いつも参考に、人間関係迷った時、頼りにさせていただいてます‼m(__)mこちらの建ろくと、冠帯の順番が反対になっていますが、内容まるごと反対、と見て善いのでしょうか…?
    まだ色々質問させていただきたいこと在るのですが、またよろしくお願い致しますm(__)m

  2. atsushj より:

    いつもご覧いただきありがとうございます。
    確認させていただきました。
    建禄→冠帯の順になっているはずですが、
    しちゅうさんの画面ではそうなっていないということでしょうか?

コメントを残す

*

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください