38「辛丑」(かのとうし)の性格と特徴は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

<一言で言うと>….冷たい土の上の宝石
地味ですが、内面はきちんとした人です。堅実で外に出る事を好まない傾向で、聡明で頭が良いですが、派手な事を嫌い、能力を隠します。

<長所>……(常識的 堅実 賢い センスがある 安定)
<短所>……(地味 マイペース シャイ 控えめ 暗い)

スポンサードリンク

【辛丑の性格】

辛丑の性格は、堅実な考え方で珍しいくらいの常識的な感覚を持ちます。地味ではありますが、聡明で大変頭の良い方です。そのため政治家や社長などのリーダーの配偶者に向いています。気品があり、穏やかで意見をいう事はなくても、しっかりとその環境を支える不思議な力を持っています。

【年柱・月柱・日柱・時柱ごとの性格】

年柱にある場合は、地味ではありますが、堅実な家庭環境で育ちます。品の良い行動が身に付き穏やかですが、勉強家で知識に溢れています。

月柱にある場合は、行動は地味ですが、人を惹きつける能力があります。頭も良く、教育関係の仕事に向いています。

日柱にある場合は、とても賢いですが、派手な事を嫌い地味で堅実な生活スタイルとなりますが、コツコツと努力を積み重ねます。

時柱にある場合は、堅実で期待を裏切らないタイプです。地味ではありますが、リスクを避ける事ができます。

スポンサードリンク

【十二運星との組み合わせ】

と組み合わさる場合、変化の激しい環境ですが鍛えられて益々堅実さが磨かれて逞しくなる傾向が強くなります。

と組み合わさる場合、地味ではありますが、非常に堅実で努力を積み重ねます。外には出しませんが自分の拘りを大切にします。

長生と組み合わさる場合、芸術的なセンスに大変優れています。しかしながら、目立つ事は好まない傾向がみられます。

沐浴と組み合わさる場合、見た目は不安定に見えますが、精神的には大変しっかりし、リスクを避ける事ができます。

建禄と組み合わさる場合、しっかりし過ぎて見かけよりも気が強く、タイミングを逃しやすい傾向が強くなります。

冠帯と組み合わさる場合、見た目は地味ですが、豊富な知識を活かし、自分の拘りを確立する事ができます。

帝旺と組み合わさる場合、拘りが激しく、頑固な面がみられます。そのため、運気の波も大きい傾向がみられます。

と組み合わさる場合、豊富な知識が武器となります。体力の消耗は激しくなりますが、上手に工夫する事ができます。

と組み合わさる場合、一見不安定に見えますが、チャンスも多い傾向です。焦らず最適なタイミングを図ると吉です。

と組み合わさる場合、堅実ですが、努力を積み重ね、チャンスを得る事ができます。見えていない所でも自分磨きを重ねると吉です。

と組み合わさる場合、保守的て過ぎて折角のチャンスを逃しやすい傾向がみられます。素直さが吉です。

と組み合わさる場合、地味ながらも、いざと言う時に助け船が入ります。周りを良く観察すると早めに兆しが掴めます。

【辛丑と相性がいい組み合わせ】

丙辰さんは、理想が高く、見守ってくれる良い理解者となります。お互い頑張り屋さんで、精神的な繋がりも強く、現実的な視野を提供する事ができます。視野も広く、不安な気持ちを安心させてくれる癒しの存在です。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください