12「乙亥」(きのとい)の性格と特徴は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

<一言で言うと>……水の上の草
水の上を漂い、どこへでも流れていく事ができる草です。そのため勢いも落ち着きもありませんが、厳しい環境でも強かに生き延びる事ができます。

<長所>……(冷静 頭が良い 機転が利く 知恵がある 度胸がある)
<短所>……(考え過ぎる 波乱万丈 おとなしい 地味 取り越し苦労)

スポンサードリンク

【乙亥の性格】

乙亥の性格は、頭が良くて機転が利くため、考え過ぎて取り越し苦労をしやすいタイプです。そのため、運気の大きな波を正面から受けやすくなりますが、度胸もあり、困難に果敢に立ち向かいます。波乱万丈な人生を冷静で乗り越えていくため、教育者、学者や技術職に向いています。

【年柱・月柱・日柱・時柱ごとの性格】

年柱にある場合は、変化が多い環境で育ちます。波乱万丈ではありますが、精神力が鍛えられて充実した人生航路を選ぶ事ができます。

月柱にある場合は、本命の仕事やお相手に巡り合うまで彷徨いますが、苦難に立ち向かい見つけ出す事ができます。

日柱にある場合は、結婚は安定しにくい傾向がみられます。しかしながら冷静で頭も良いため、その才能を活かすと吉です。

時柱にある場合は、変化の波は大きくなりますが、先を見抜くセンスがあり、トラブルも冷静に対応する事ができます。

スポンサードリンク

【十二運星との組み合わせ】

と組み合わさる場合、不安定な要素が強まり環境に振り回される傾向がさらに強くなり、運気の波も大きくなります。

と組み合わさる場合、勢いはあまり強くはありませんが、ささやかな心の拠り所を得て安定しやすくなる傾向がみられます。

長生と組み合わさる場合、ムラがあり好き嫌いが出やすい傾向がみられますが相性の良いパートナーを見つける事ができます。

沐浴と組み合わさる場合、好奇心とチャレンジ精神が旺盛です。冷静さを失う時もありますが、度胸の良さが武器となります。

建禄と組み合わさる場合、地味ではありますが、同じ意識を持った仲間を集める事が得意です。しかしながら烏合の衆で賑やかですが、発展は難しい傾向です。

冠帯と組み合わさる場合、寒さが苦手で季節により行動力が変化します。仲間や協力者は多いですがあまり役には立ちにくい傾向です。

帝旺と組み合わさる場合、頼りになる人にも恵まれ、良いチームを構成する魅力とカリスマ性を兼ね備えます。

と組み合わさる場合、能力がありながらも考え過ぎて活力が弱いため、なかなか成果に繋がりにくい傾向がみられます。

と組み合わさる場合、偏りが強いため変化の波に振り回されて体力の消耗が激しい傾向です。体調管理に、注意が必要です。

と組み合わさる場合、厳しい環境でも、自分なりの美学と意識を持ちます。目上に好まれやすいタイプです。

と組み合わさる場合、一見難しい環境でも、知恵もあるため、研究と分析を重ねて馴染む事ができます。

と組み合わさる場合、普段は冷静ですが、期待されると尋常ではない圧力を感じ緊張し思うように行動をしにくくなる傾向がみらます。

【乙亥と相性がいい組み合わせ】

庚寅さんは、高い理想を持ち、精神的な繋がりも非常に強く、お互いに助け合いながら不安な気持ちを安心させてくれる癒しの存在です。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください