19「壬午」(みずのえうま)の性格と特徴は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

<一言で言うと>……光輝く海
海は海でも太陽に照らされて海面は太陽が反射して光輝き、海面は暖められて雲を形成し、雨や雷を発生させる事ができます。そのため表向きは穏やかなようでも大きく動き変化する力を備えています。
<長所>……(多芸多才 発展 知識がある 活気がある 大胆)
<短所>……(不安定 まとまらない 落ち着かない マイペース)

スポンサードリンク

【壬午の性格】

壬午の性格は、多芸多才で幅広い視野を持ちますが、感情の起伏が激しい人です。他にはない不思議な感性を持ち、大胆な事も自然と行う事ができます。ただし夏の雷雨のような状態で長続きには難しい傾向がみられます。しかしながら、瞬間的な才能に長けているため、そのスタイルを確立すると発展しやすくなります。人情的でスケールも大きいためリーダーに向いていますが、怒ると感情をあらわにするため、最近の人とはコミニケーションが鍵となります。

【年柱・月柱・日柱・時柱ごとの性格】

年柱にある場合は、感情の起伏が激しい家族の元でで育ちます。そのため、家庭では落ち着く事ができずに早めに独立をする方法を選ぶ傾向がみられます。

月柱にある場合は、乗りの良いチームに恵まれますが、安定しにくく収入なども波が大きくなります。多芸多才を活かして吉となります。

日柱にある場合は、見た目は優しそうですが、感情の起伏が激しく、大胆な行動で、周囲の人を驚かせます。

時柱にある場合は、長続きは難しい傾向ですが、色々な才能を持つため、時代の変化にのると成功しやすくなります。

スポンサードリンク

【十二運星との組み合わせ】

と組み合わさる場合、強い向かい風に晒されてしまいますが、良いパートナーに巡り合い共に風も波も乗り越える事ができます。

と組み合わさる場合、邪な誘いが多いため回り道も多くなりやすい傾向がみられます。誘惑に負けない意識が大切です。

長生と組み合わさる場合、両親の影響を受けやすい傾向がみられます。常識から外れた環境なら早い独立が吉です。

沐浴と組み合わさる場合、純心で惚れっぽくいですが、騙されやすい傾向がみられます。信じる気持ちも大切ですが注意も必要です。

建禄と組み合わさる場合、同志を得やすいです。仲間を大切にすると、良い協力者となり安定しやすくなります。

冠帯と組み合わさる場合、勉強家で好奇心も旺盛です。そのため、多芸多才の幅が広がりやすくなります。

帝旺と組み合わさる場合、とても活気があり、積極的です。家庭内は安定しにくいですが、仕事への強い意識を持ち形にする事ができます。

と組み合わさる場合、やや慎重な面がみられ動きが鈍くなりますが、周りからは温和にみられ理解されやすくなります。

と組み合わさる場合、子供や部下への意識が強く、体力的な負担も大きくなります。体調の管理に注意が必要です。

と組み合わさる場合、とても人情味溢れて可愛がる人です。愛への意識が強く、壮大な愛し方をする傾向が見られます。

と組み合わさる場合、現世の事よりも後世への意識が強く、そのための表現活動を優先する傾向がみられます。

と組み合わさる場合、大きな変化にも強くなり、混乱する社会情勢でも乗り越える大胆な感性と能力があります。

【壬午と相性がいい組み合わせ】

丁酉さんは、活気があり、大胆な動きも動じず理解してくれます。お互いの精神的な繋がりも非常に強く、自然と馴染む事ができます。とても優しく大変穏やかなタイプで、華やかで楽しみを提供してくれる頼もしい存在です。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください