30「癸巳」(みずのとみ)の性格と特徴は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

<一言で言うと>…..雨水が温められて雲になる
雨水はそのままであれば、ただの液体ですが、お日様の光に照らされると蒸発をして、上空で雲になり、太陽を隠すほどの力を持った雲となります。存在感は薄くても他の人にはできない特別な能力を持っています。

<長所>……(優しい 謙虚 強か 臨機応変 努力家)
<短所>……(掴みどころがない 暗い 気が変わりやすい 落ち着かない 猜疑心)

スポンサードリンク

【癸巳の性格】

癸巳の性格は、雲のような包み込む優しさとゲリラ豪雨のような激しさの両面を兼ね備えています。そのため、穏やかで愛想よく調和できる世渡り上手でありながら、攻撃をされると激しく反発します。基本的には、お天気屋でさっぱりしていますが、雨水が地面にしみこむように恨みの根だけは深くなります。水は常に変化をしてその鮮度を保つように、同じ事を続けると腐りやすくなるため、同じ事を続けようとするとストレスになり運気も停滞しやすくなります。

【年柱・月柱・日柱・時柱ごとの性格】

年柱にある場合は、変化の多い環境で育ちます。逆に固く安定した環境の場合は、自らその環境から飛び出そうとします。波乱万丈ですが、多くの経験をすればするほど運気が良くなる傾向がみられます。

月柱にある場合は、出入りが激しい環境の仕事を好みます、大きな会社組織に属する事もありますが、長続きしにくく、フリーランスなどの独立を進めます。人当たりも良く商才もあり成果に繋げる事が可能です。

日柱にある場合は、見た目は優しいタイプですが、波乱万丈です。しかしながら、とても大胆で自ら大変な環境を乗り越え、活路を見い出す能力に長けていて危機を乗り越えて行く事ができます。

時柱にある場合は、運気は不安定ですが、チャンスを活かすセンスに優れています。結果を考えすぎると、タイミングを逃しやすくなるため、まず試す事を優先すると、負担を軽減する事ができます。

スポンサードリンク

【十二運星との組み合わせ】

と組み合わさる場合、環境に振り回されるが新鮮な感性が身に付き、大胆な方向転換から強運を掴む事ができます。

と組み合わさる場合、好奇心に溢れ活気があります。自分の体調管理が苦手なため、注意が必要です。

長生と組み合わさる場合、芸術的感性に優れています。そのため、その方面の才能を活かすと成功に繋がりやすくなります。

沐浴と組み合わさる場合、精神的な葛藤と運気の波が激しくなります。そのため、ストレスを抱えやすい傾向です。気持ちの切り替えが鍵となります。

建禄と組み合わさる場合、厳しい環境にあっても必ず助けを得られる強運の持ち主です。初心に戻ると吉です。

冠帯と組み合わさる場合、危機的状況から逃れる秘密を持ちます。また、貴金属や宝飾関係を磨くとストレスの軽減に繋がります。

帝旺と組み合わさる場合、拘りが激しく運気も波乱万丈です。また、強力な後ろ盾と良い理解者が交互に入り、常に活気があります。

と組み合わさる場合、理想が高ければ高いほど方向性が明確となり、成果に繋がりやすくなります。さっぱりとした人です。

と組み合わさる場合、プライドが高く、拘りも強く、体力の消耗が激しい傾向です。無理をして体調を崩すと長引きやすいため、注意が必要です。

と組み合わさる場合、精神的な葛藤が激しく、考え方も変わりやすく、理解されにくい所で負担が多くなります。人の事を気にしない事が吉です。

と組み合わさる場合、ドライな性質なため、現世の意識は少ないが、現実的な役割を淡々とこなしていく事ができます。

と組み合わさる場合、元々の水と火のような二面性が強まり、さらに理解されにくい傾向です。理解される事よりも自分の価値観を優先すると吉です。

【癸巳と相性がいい組み合わせ】

戊申さんは、プライドが高く、意識も明確で、考えがまとまりにくい時も、良いガイド役になります。そのため、精神的な繋がりも非常に強く、お互いが自然に馴染み、不安な気持ちを安心させてくれる癒しの存在です。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください