26「己丑」(つちのとうし)の性格と特徴は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

<一言で言うと>……肥沃な土
水も豊かな土地ですが、寒い土地柄で育つためにはお日様の暖かさを求めています。しかしながら、お日様が無くても作物はある程度は育つ事ができるため、普段は努力を重ねてタイミングを図れば発展する事ができます。

<長所>……(勉強家 知恵がある 努力家 温和 のんびり)
<短所>……(時間がかかる 競争意欲がない マイペース 保守的 地味)

スポンサードリンク

【己丑の性格】

己丑の性格は、温和で優しいのんびりな人です。自然の流れを大切にし、あるがまま穏やかに暮らす事を優先します。そのため競争社会には向かないタイプです。しかしながら、自分を信じてじっくりと取り組み、未来を切り開くエネルギーを持ち、年齢を重ねる毎に運が強くなり、運を上げていく事ができます。

【年柱・月柱・日柱・時柱ごとの性格】

年柱にある場合は、育つにはベストな環境で育ちます。見た目は地味ですが、落ち着いた環境に育まれ精神も安定しています。

月柱にある場合は、早さよりも中身を優先してコツコツと積み上げる仕事を好みます。安定志向で転職も少なく、じっくりとキャリアを積み重ねる事ができます。

日柱にある場合は、物質欲がなく冷静でとても落ち着いた人です。庶民的ですが、良い仲間に恵まれやすい傾向です。

時柱にある場合は、自分のスタイルとペースを大事にするため、無理なく手堅く着実に足場を築く事ができます。

スポンサードリンク

【十二運星との組み合わせ】

と組み合わさる場合、明るさに欠けるが将来の先見の目を持ち不安定な環境にも動じない落ち着きがあります。

と組み合わさる場合、見た目は意識も甘くもろいが、内面には真の強さがあり、危機も乗り越える強かさがあります。

長生と組み合わさる場合、難しい環境にありながらも伝えたい意識が強く、粘りを見せる事ができます。

沐浴と組み合わさる場合、好奇心が強く、気分のムラもあり落ち着かないが暖かくなると成功しやすくなります。

建禄と組み合わさる場合、地味ではあるが、強い仲間意識と協力者を得る事ができ、活躍の場も比較的得やすい傾向です。

冠帯と組み合わさる場合、後ろ盾もあり、安定しやすくなります。また、頑固な面があり、粘り強く努力ができる人です。

帝旺と組み合わさる場合、自分が中心となり、実力もありますが、強引な面があり、育てる事は苦手な傾向です。

と組み合わさる場合、工夫をすると発展の為の足がかりとなるモノが身近にあり、落ち着いて観察するとチャンスを掴む事に繋がります。

と組み合わさる場合、才能はあるが、チャンスに恵まれにくい傾向です。焦りも禁物ですが自分のペースを大事にするとタイミングを図る事ができます。

と組み合わさる場合、変身体質です。常に変化の勢いに乗り工夫して自分のスタイルに取り込む事ができます。

と組み合わさる場合、地味で控えめの保守派ですが、手堅い戦略で成果に繋げる事がだきます。

と組み合わさる場合、不安定な環境ですが、鍛えられて自分自身をーに脱皮させながら発展を促す事できます。

【己丑と相性がいい組み合わせ】

甲子さんは、理想が高く、精神的な繋がりも非常に強く、お互いが自然に馴染む事ができます。しっかりした方向性があり、不安な気持ちを安心させてくれる癒しの存在です。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください